menu
  1. 積み立て投資信託が主婦に人気?
  2. 投資信託に限らず株情報は株ブログで入手がおすすめ
  3. 投資信託ブログが初心者にもわかりやすい!?
閉じる

初心者におすすめ低位株(ボロ株)は仕手筋に騙されるな!

低位株は株初心者やデイトレーダーをしている方にとって有り難いものです。
ボロ株と呼ばれていたこともあり、投資家の中には良い印象を持たない方もいますが、安い投資で買うことが出来、損失を出した場合でも少なくすむので株取引を勉強するには良い教材と言えるかもしれません。
また些細なことで大きな値段変動が起こりますが長期的に値段上昇は続かないので、短期向けの株となりデイトレーダーに好まれる傾向があります。
しかし低位株の売買をする時は注意することがあります。
それが仕手株というものです。

仕手株というのは仕手筋という投資家集団が特定の銘柄を狙い、値段が急激に変動している株のことです。
普通株価が上がるには、新商品を出して業績が好調とかの理由があります。
しかし仕手株にはその理由が無く、仕手筋が特定の銘柄に投資して大量に売買する、それによって利益を出しているだけなので、見せかけの株価になります。
仕手筋が利益を出す仕組みには大量の株が必要な以上、ボロ株など安いものを狙うのが好都合です。
仕手株かどうか見定めるために大事なポイントは情報収集をすることです。

株価が上がってるけどなんで?出来高が増えているのは?と理由を探して発見することで見せかけの情報かどうか推察します。
他にも相場が操作しやすい株は避けるというのがあります。
例えば発行株式数が少ない上に浮遊株比率が低い株などです。
そして仕手株を手にしてしまった時は、値段が下がり始めたら早く手放すこと。
これにより損切りが行え、ある程度の資産は守られます。

仕手株を持ち続けても利益に変わる可能性は低く、企業が倒産し大損するリスクもあります。
仕手株というのは年々巧妙化、複雑化していますので初心者の方は、四季報や企業情報、チャートなどから情報を常に集め騙されないように知識を集めることが大事です。
ちなみに仕手株自体は違法ではないのです。そして仕手株を敢えて買う投資家の方もいます。

ハイリスクハイリターンの仕手株を狙う人もいる

仕手筋の手順を大雑把に言うと、特定の銘柄をある程度まで少しずつ買う(玉集め)、買い注文を一気に出して株価を急激に上昇させ周りの投資家に注目させ(玉転がし)、投資家の心理を揺さぶりながら調整をして(振るい落し)、投資家が買い上げる状況になると仕手筋は売って利益を確定という流れになります。
買うにはハイリスクな株ですが、上手く波に乗れればハイリターンを得ることも出来ます。
仕手株で儲けるには仕手筋の人と売買のタイミングを合わせる事が理想ですが、それは初心者じゃなくても難しいと言わざるをえません。
仕手株でハイリターンと言える程の利益を出すには玉集め、または玉転がしを始めたころの仕手株を見つけられるかが重要なポイントです。

高騰してる状態で株を買っても利益は少ないどころか損になる可能性もあります。
そして下落し始めたらすぐ売ることも大事なポイントです。
振るい落しの時に下落する場合もありますが、利益が確定していなくても売った方が賢明でしょう。
株が暴落するタイミングは仕手筋しか分からないのですから。

あくまで人為的に無理やり作った相場ですので、タイミングを逃すとハイリスクなだけになってしまいます。
有名な仕手株として、2003年頃のルックが挙げられます。
大物仕手筋K氏が仕組んだと言われており当時ボロ株だったルックの株価が理由も無く約20倍に膨れ上がりました。

また他にも大きな相場を作り出しているとされています。
仕手株を狙う人の中にはK氏のファン、急激な価格変動が面白いという方、単純にハイリスクハイリターンが好きな方などがいます。
他にも市場の流れと関係なく仕手筋の思惑で動くので、市場が重い時にやる方も。
初心者の方は、容易に火傷する仕手株は難しいので、避けたほうが無難でしょう。

おすすめ記事

  1. 積み立て投資信託が主婦に人気?
  2. 投資信託に限らず株情報は株ブログで入手がおすすめ
  3. 投資信託ブログが初心者にもわかりやすい!?
ピックアップ記事
  1. 2000年代に入り次々にネット証券会社が誕生し、無店舗型のネット証券会社では店舗での株購入に比べて大…
  2. 低位株は株初心者やデイトレーダーをしている方にとって有り難いものです。ボロ株と呼ばれていたことも…
  3. 貴金属やジュエリーは投資を目的として買取をすることもできます。金やプラチナ、ダイヤなどは価値が安…
ページ上部へ戻る